イクオス

【可能性は薄】イクオスで初期脱毛?もしかしたら違う原因かも!

イクオスの使用を開始した直後、抜け毛の量が増えるといった不安を感じている方も多いのではないでしょうか。

しかし、その症状は「初期脱毛」と呼ばれるものかも!?

医薬品などを使用して薄毛の治療を行っている場合であれば、珍しくはない症状です。

育毛剤であるイクオスにも、初期脱毛の症状が起こるのでしょうか?

イクオスで初期脱毛が起こった場合でも、不安に感じる必要はありません。

初期脱毛が起こるメカニズムなどを紹介します。

ヘアサイクルと初期脱毛の関係

初期脱毛は、育毛剤の使用開示後1~2週間程経過した時点で抜け毛が目立つという症状です。

健康な頭皮と毛髪であっても、1日に50~100本程の髪の毛が抜けています。

しかし、初期脱毛が起こると200~300本もの髪の毛が抜けて行くのです。

驚きますよね?

200~300本の髪の毛は、予想以上の量です。知識がなければ、非常に不安に感じるでしょう。

数週間程の期間、髪の毛が抜け続けます。その後、抜け毛は無くなるという症状が初期脱毛です。

ヘアサイクルが変化をしている途中

髪の毛は、太く長く伸びてから抜けて生え変わるまでのサイクルが存在しています。

ヘアサイクルは、成長期から退行期、休止期を経て脱毛といった流れです。


出典元:大正製薬

初期脱毛で抜け落ちた毛を観察してみてください。細く、産毛にも似た髪の毛ではないでしょうか。

初期脱毛で抜けた髪の毛は、ヘアサイクルが乱れてしまうことによって成長できない状態で退行期に入り、休止期を経て抜け落ちた毛です。

抜け落ちなければ生え変わることもないため、成長できなかった毛が増えた状態となり、薄毛になってしまうのです。

育毛剤を使用することによってヘアサイクルの乱れが改善され、休止期から成長期に入ると、新しく毛が生えます。

毛根から離れて抜け落ちる直前であった細い髪の毛を、新しい毛が押し出して行くのです。これが初期脱毛の症状です。

イクオスで初期脱毛は起こらない?

薄毛の治療段階で見られる初期脱毛の症状は、新しく健康な毛が生えるという発毛が無ければ起こりません。

医薬品を服用した場合、強力な作用があるため発毛を促進します。

薬によってヘアサイクルを無理矢理変化させ、成長期へと促すのです。そのため、初期脱毛の症状が起こります。

しかし、内服薬と塗布するタイプの育毛剤を比較すると、同じ成分であっても塗布するタイプの育毛剤は効果が緩やかです。

つまり、初期脱毛も起こりにくいといえるでしょう。副作用のリスクと比例していますね。

イクオスは塗布するタイプの育毛剤であり医薬品ではないため、初期脱毛の症状が見られる可能性は低いです。

また、イクオスの場合は一度に大きな発毛効果が現れることもありません。脱毛が見られたとしても200~300本の髪の毛が一度に抜けることはなく、徐々に効果が現れます。

抜け毛に気付かないというケースも多いでしょう。

イクオスで初期脱毛が起こっても心配無用

イクオスは、初期脱毛が起こりにくい医薬部外品の育毛剤です。

しかし、効果には個人差があるため、中には初期脱毛が目立つというケースもあります。

休止期の毛が多かった場合、抜け毛の量も増えるのです。

DHTが作用することによってヘアサイクルが短縮され、退行期に成長しなかった細い毛が増えてしまうという症状はAGAと呼ばれます。

初期脱毛とは、この様な状態を改善し、新しい髪の毛に生まれ変わる段階で起こるものです。

初期脱毛は発毛効果の証

初期脱毛で抜け落ちた毛は、退行期で成長が止まり、抜け落ちる段階の髪の毛です。

発毛がない場合でも、3ヵ月以内には抜け落ちるでしょう。

イクオスの効能によって新しく生えた毛が押し出すため、予定よりも早く抜けるというだけの話です。

初期脱毛は、毛が抜けるため不安になることもあるでしょう。

しかし、不安を感じる必要はありません。不要な毛が、早くに抜けたというだけです。

副作用のように、身体に害のある症状ではなく、ヘアサイクルが正しく動き出したということになります。

急に抜け毛が増えてしまうと驚くものですが、「毛髪が育っている」と考えれば嬉しい作用ですね。

イクオスで初期脱毛の症状が見られた場合でも、基本的には問題ありません。

初期脱毛と副作用の見極め方

初期脱毛は発毛による症状ですが、抜け毛が見られるのは初期脱毛だけではないのです。

初期脱毛以外の原因で抜け毛が起こっている可能性もあるため、見極める必要があります。

頭皮の肌トラブルに注意

抜け毛に加えて、頭皮にかぶれやかゆみなどの肌トラブルが起こった場合には注意が必要です。

初期脱毛の症状ではなく、頭皮の肌トラブルによる脱毛症である可能性があります。

イクオスは着色料などの添加物は配合されていません。

しかし、成分を溶かすための溶剤や殺菌剤、アルコールなどは配合されています。

さらに、植物などの天然成分も配合されているため、アレルギー反応を起こすケースもあるでしょう。

頭皮の状態も同時に観察する必要があります。

1ヵ月抜け毛が止まらない

1日に数百本という抜け毛が1ヵ月以上続いている場合、初期脱毛の可能性は低いでしょう。

頭皮や毛根状態が悪化し、毛が抜けている場合があります。

毎日シャンプーをしない、シャンプーを洗い流せていないなど、皮脂や成分が残っていると頭皮や毛根の状態が悪化するケースが多いです。

また生活習慣の乱れやストレスも影響を及ぼします。

イクオスを使用しはじめてから抜け毛の増えた場合、次のポイントをチェックしてください。

  • 頭皮に肌トラブルが見られる
  • 1ヵ月以上抜け毛が続いている

個人で判断できない場合には、専門クリニックで相談しましょう。今はどこのAGAクリニックでもカウンセリングだけなら無料です。

もしくは、イクオスのアフターサポート窓口へ問い合わせをするという方法も有効です。

まとめ

初期脱毛の症状は、イクオスの使用によって起こるケースは少ないでしょう。

しかし、100%起こらないというものではなく、個人差もあります。

万が一イクオスの使用開始から抜け毛の量が増えた場合、頭皮の状態と合わせて、初期脱毛であるかどうかをチェックしましょう。

頭皮に変化がない場合、1ヶ月程度は様子を見ます。

抜け毛の症状が改善しない場合は、イクオスのアフターサポートである電話やメールで問い合わせを行ってください。

無料であるため、少しでも疑問や不安に感じた場合には問い合わせても良いでしょう。代金返金保証やアフターサポートなど、フォローをする体制が整っています。

サポート内容の詳細は公式サイトに掲載されているため、購入後に確認しておくと安心ですね。